大学病院で働きたい看護師が求人探しの前に読むサイト

MENU

大学病院で働く看護師の特徴

大学病院で仕事をするためには、一般の病院とは違った条件が付いてくるのではないか、このように考えている看護師は多いようです。しかし大学病院であっても、ほかの病院と同じような条件で募集が行われています。もちろん、看護師免許を持っている人であれば、誰でも簡単に応募できます。ただし大学病院の場合、ほかの病院とは少し違った条件で人材の募集を行っている傾向があります。

 

大学病院の場合、先進医療の研究も活発に行われています。先進医療に携わっていると、ほかの医療関係者や医療機器メーカー、製薬会社の担当者なども数多く訪れます。このため、ほかの病院と比較していろいろなタイプの人と話をする機会が多いです。このため、常識的な対応のできる看護師を求める傾向があります。

 

また大学病院の場合、患者の治療以外にも研究機関としての側面も持ち合わせています。そこで、探求心や向上心を持っている、キャリアアップを希望している看護師の方が採用されやすい傾向があります。

大学病院で看護師が身につけることができるスキル

大学病院と一般の病院とで、看護師にどのような違いがあるのかと疑問に感じている人も多いようです。簡単にいってしまうと、一般の病院では手技が培われます。一方大学病院でずっと勤務していると看護のスキルが向上します。仕事内容が両者では微妙に異なるのです。

 

一般の病院に就職すると、点滴や抗がん剤の投与、胃管の挿入、場合によっては動脈採血なども看護師に任されるケースも多いです。このため医療行為を多くこなす必要があるので、手技のスキルがアップします。しかし大学病院の場合、このような手技は医者が担当することが多いのであまりおこなう必要はありません。

 

大学病院の場合、医者と看護師の棲み分けが明確になっているとも言えます。その分看護師は看護活動により集中して仕事に取り組めるという所があります。一人の患者に対するケアという所で比較すると、大学病院の方が一般の病院と比較してより行き届いた看護ケアのできている傾向があります。

求人探しの前に知っておきたい大学病院で働く看護師の待遇

大学病院に転職しようと思っている看護師の間で気になるのは、やはり給料の問題ではないでしょうか?大学病院に勤務している看護師の年収の相場を見てみると、400〜600万円くらいになると思ってください。ちなみに600万円というとかなりの良い年収のような感じがしますが、看護主任をはじめとして管理職にある看護師がこのくらいの年収をもらえると思ってください。ですから、民間の総合病院とそれほど給料が大きくアップするわけではありません。

 

大学病院に転職する人を見てみると、金銭的な所に重点を置いて転職している人は少ないです。むしろキャリアアップしたいとか、看護師としての腕を磨くために転職する人が多いです。

 

大学病院の場合、キャリアアップをするための研修が充実していて、認定看護師や専門看護師の資格取得のバックアップもしっかりとしています。また新人看護師のための教育体制も整っているので、第二新卒の転職先を探すのにも適しているといえます。

 

大学病院の看護師と雇用条件が似ている職場

収入面や働きやすさなどを重視するなら、大学病院以外にも選択肢はあります。看護師の活躍の場は年々広がっているので、以外なところで理想の求人が見つかったりもします。看護師の職場の種類を紹介しているサイト(http://www.crossmediadesignsystems.com/)などを見て、最新の情報を手に入れておきましょう。